婚活がうまくいかない男の話

 

婚活がうまくいかない男、つまり私が

自分の経験を踏まえて、

というか、その経験談をお話しつつ、

婚活を実践されているあなたにとって

有益な情報を提供できればと思っています。

 

あなたにとって、実際に使える情報にする為、

かなり詳細に書いていきますので、

長くなってしまいますが、お許しください。

 

因みに私は現在36歳、もちろん独身です(笑)

 

 

出会いの場に向かう

 

私が最初の婚活の場として選んだ場は

婚活パーティーでした。

私には、たまたま同じように婚活をしていた

同級生の友達がいましたので、

一緒に申し込みました。

 

その婚活パーティーを見つけたきっかけは

別の同級生の友達が実際に婚活パーティーで女性と出会い、

結婚まで至った過程を一から見ていたからです。

 

その友達から勧められ、婚活パーティーを主催している

企業のWEBサイトを見てみると、

ほぼ毎週末、様々な場所でパーティーが開かれていることが分かりました。

 

その中で、友達と相談し、ある一つの婚活パーティーに

申し込みました。

 

選んだ理由として、

一つは自治体が絡んでいたので安心できたこと。

そして、自宅から20分ちょっとで割と近かったからです。

 

最初ということもあり、

なるべくリスクを取りたくなかったというのが本音でした。

 

開催日が12月だったということもあってか、

申し込みは開催日の約1か月前にも関わらず、

男性の枠があと少しという状況でした。

 

申し込んだ婚活パーティーは

50対50のかなり大掛かりな規模だったので、

昔のねるとん(分かりますかね?)みたいな感じ

なのかなあと思いながら、申し込みを済ませました。

 

申し込みできた安堵感とそれと同じくらいの

不安感を抱えながら当日を迎えました。

 

 

初めての婚活パーティー

 

会場は、とある結婚式場のホールでした。

あ、因みに日時は日曜日の15時からで、

もちろん、夜に開催されるパーティーもありましたよ。

 

当日はあいにくの雨でしたが、

会場には、参加者と見られる男性、女性の方が

すでに集まっていました。

 

会場に入ると、すぐに受付が見えました。

何人かの案内スタッフ(おそらく結婚式場の)と

受付に別のスタッフが2名ほど(こちらは主催者側かな)

おりました。

 

受付で料金を支払い、プロフィールカード等を

受け取ると、奥に案内されました。

 

そこは、円卓が10個以上置かれているホールで

各円卓には青と赤でそれぞれ数字が書かれたカードが

置かれていました。

 

席順は、申し込みした時点ではなく、

当日の受付順で行われているようでした。

円卓の約半分は既に埋まっていたので、

席につくまでの間、緊張しながら歩いたのを覚えています。

 

とはいえ、既に着席している方達は自分のプロフィールカードを

書くのに夢中で自分のことなど見ていなかったのですが。。(笑)

 

席に着いて分かったのですが、直前に受付を済ませた友達とは

席が離れてしまったのです。

その点は考慮してくれないようでした。

 

まあ、しょうがないかと思いながら、

皆さんと同じようにプロフィールカードを

埋めることに集中しました。

 

項目としては、

・ニックネーム

・住んでいる地域

・年齢

・職業

・趣味

でした。

 

空欄でも良いようでしたが、

私は全て記入しました。

 

そうこうしているうちに席のほとんどが埋まり、

開催時間となりました。

 

まずはオリエンテーションということで、

注意事項と資料を見ながらの、

印象アッププチセミナーが行われました。

 

相槌の打ち方や顔の表情での印象の与え方など

婚活パーティーを主催している企業っぽいなあと

思いながら聞いていました。

 

 

ここからが本番!!

 

だいたいそれらは15分ほどで終わり、

いよいよここからが本番です。

 

まずは、テーブルごとでの自己紹介。

一人あたり30秒から1分程度とのこと。

男性の番号の若い方からということで、

私からスタート!

 

緊張しながらも、名前(ニックネーム)と

趣味、仕事などを中心に自己紹介。

その後は反時計周りで女性、男性の順に

同じように自己紹介していきました。

 

自分がいたテーブルが終わると、

男性陣のみ移動して次のテーブルで自己紹介。

なので、同じテーブルに座った男性陣(女性陣も)は

同じ自己紹介を10回以上聞くことになるという

ある意味運命共同体に(笑)

 

私達のテーブルはパーティーの最後の方で

男性陣に謎の連帯感が生まれていました(笑)

これもある意味で婚活パーティーの醍醐味かもしれないです!

 

そうやって一通り回り終えると、

1回目の気になってますタイムに!

これは、所定の用紙に記載されている数字に

気になった女性の番号を〇していくというもの。

 

これの〇の数には制限はなく、

いくつでも〇をつけていいとのこと。

少しでも気になったら〇を付けて下さい!

と言われました。

 

この用紙は一旦回収され、

後程、赤〇がされて戻ってきました。

この赤〇というのが、女性が自分に対して

〇をしてくれたことを表すものです。

 

正直、見るのは多少の勇気がいりました(笑)

だって、1個も〇がなかったら、へこむじゃないですか?

幸いにも何個かは、赤〇がついておりましたけど。。

 

 

怒涛のフリータイム!

 

そういえば、言い忘れてましたが、

このパーティーには軽食(デザートもあり)とアルコールを含む

ドリンク類が食べ放題、飲み放題になっていました。

 

でも、この日の私は運転手だったので飲めず。。

ノンアルビールでガマンしました。。。

隣の女性が注いでくれようとしましたが、

(ビールとウーロン茶だけは各テーブルに何本か置いてありました)

「今日はハンドルキーパーなので!」

と、断りを入れると、なぜか笑ってくれました。

 

一瞬、ハンドルキーパーがキラーワードなのか??

と、訳の分からない思考が頭をよぎりましたが、

そんなことを想う暇もなく、

そのままフリータイムに突入しました!

 

フリータイムはまさに怒涛でした。

フリータイムでは女性も動いてOKなのですが、

当然ながら動くのは男性ばかり。。

 

人気の女性の隣の席はすごい競争率になってましたね。

フリータイムは10分×3回だったのですが、

気になる女性の隣をゲットするために、

その回のフリータイムを捨ててまで、近くで待機する男性もいました!

(かなり気合入ってるなーって、他人事のように見てました。。笑)

 

 

私の方はというと、正直一度も目当ての女性と

話すことができませんでした。。。

 

 

やはり、目当ての女性が他の男性と被っていた

ということもあるのですが、

フットワーク軽く動けなかったというのが

大きいです。

 

 

迷った挙句に、男性と話していない女性

(つまり、そこまで人気でない女性)

のところに行くのですが、

さすがに女性の方も分かっているため、

大抵、話が盛り上がりません!

 

 

なので、無理をしてでも

目当ての女性の隣をゲットするべきです!

 

 

無理をしてでもというのは

他にも理由があります。

 

 

最初に全テーブルを回って、

全員の女性と自己紹介をしているのですが、

正直、ほとんど印象に残っていません。

 

 

あなたがどう思っていようが、

相手の女性には、何も伝わっていないのです。

だからこそ、フリータイムで交流して

女性に他の男性を上回る印象を与えないといけないです。

 

 

これが、私の婚活パーティーでの

最大の反省点です。

 

 

 

結果発表!!

 

合計3回のフリータイムが終わると

自分の席に戻って、用紙に記入をします。

言っていませんでしたが、今回の婚活パーティーでは

ねるとんのような告白タイムはありません。

 

 

その代わり、専用の用紙に連絡先(LINE IDかメールアドレス)、

相手の番号、自分のニックネームを記入して

スタッフに渡します。

(基本的に一人2枚まで)

 

 

このカードを記入し終えた時点で

パーティーは一切終了となります。

 

 

さて、あなたも気になっているカードですが、

一番最後、受付を出る際にスタッフから

渡されます。

 

 

正確に言いますと、相手からカードを

書いてもらえた人だけが

もらうことができます。

 

 

ここは非常に残酷なのですが、

婚活パーティー中に自分がした行動の結果ですので、

しょうがないですね。。

 

 

補足ですが、

カードは小さい封筒っぽい物に入れられて

渡されるのですが、

 

 

ここは運営会社の配慮と言いましょうか、

カードがもらえなかった場合でも

封筒自体はもらえます!

 

 

その場で恥ずかしい思いを

しなくて済むということですね。

 

 

そんなことはどうでもいい!

って人もいるかもですが、

周りにはまだ参加者がいる状況です。

 

 

周りの参加者が認識していなかったとしても

本人がカードをもらえなかったことに関して

過敏に意識してしまいますよね?

 

 

こういった配慮は、婚活という場では特に

重要なのではないかなと思っています。

 

 

ということで、私の結果ですが、

おひとりの女性からカードをもらうことができました!

しかも、私が女性に向けて書いた2枚の内、

1枚を書いた人でした。

 

 

その方は、パーティー中を見る限り

男性陣からとても人気のあった女性の一人でした。

 

 

その方からもらえるとは思わなかったので、

(傲慢ですが、その女性以外の何人かからはもらえると思ってました。。)

嬉しさもあり、ちょっとショックでもありという感想でした(笑)

 

 

一緒に参加した友人は0枚でした。。

この時点で、0枚の人にも封筒を渡すというのが

分かった次第です。

 

 

友人の感想としては、

こんなせわしない婚活パーティーは

俺には無理だ!ってことでした。。

 

 

特に、私達のような初めて参加する人にとっては、

動き方も分からず、厳しいのかなと私も思いました。

 

 

でも、同じ運営会社が主催する、他の婚活パーティーに比べて、

参加費用が約半額なのを考えれば、

まあ、いい経験はできたのかなとも思います。

 

 

まあ、他のパーティーの場合、

参加者が10対10とか、もっと少ない場合も

あるようなので、

 

 

自然と参加費用が高くなってしまうのは

仕方がないのかなとも思います。

その分、その場での競争相手が少なくなるので、

単純にカップルになる確率は上がるということですね。

(自分の振る舞い次第でもあるかと思いますが。。)

 

 

 

その後・・・

 

では、私がカードをもらった女性と

その後どうなったかということですが、

LINEでのやり取りを何回か重ねた結果、

割と近くに住んでいたということもあり、

ランチデートをすることになりました。

 

 

地方なので、そこまでいいカフェもなく、

女性に好みを確認したら、和食とのことだったので、

個室居酒屋のランチにしました。

 

 

そこは、居酒屋にしてはランチに結構、

力を入れているお店で

夜は微妙ですが、ランチの評判は上々なお店でした。

単価は千円行かない位です。

 

 

何より、ゆっくりお話がしてみたかったので、

個室の所が良かったというのもあります。

 

 

で、重要なお相手のスペックですが、

年齢は同い年の35歳(当時)、

職業は動物病院の看護師兼トリマーさん。

 

 

最初はトリマー志望で入ったようですが、

もう10年以上も働いているので、

オーナーである獣医師の方のサポートも

行っているとの事でした。

 

 

外見は、杉本彩さんを清楚にした感じと言えばいいでしょうか。

30代の落ち着きがありながらも

その場を笑顔にする天性の明るさも持っている女性。

とても気さくな感じで話し易かったです!

 

 

婚活パーティーに参加した経緯も話してくれ、

その年も4月頃まで付き合っていた方と

結婚する話も出ていたそうですが、

 

 

その女性に対する、元彼の精神的な頼り方が

凄かったらしく、それを担保にした元彼の

行動が度を越していて(ここら辺は詳しく聞きませんでした)

それに耐えきれず、別れたということでした。

 

 

恐らくは、今までやっていた仕事を辞めて

自分の夢に突き進む決意をしたということなのかなと

想像しましたが、実際は分かりません。

 

 

状況的に、元彼と自分は似ているなと

心の中で思い、多少たじろぎましたが、

(私も夢を追いかけている為です)

 

 

女性の情報を探りつつ、アピールしたつもりでした。

ただ難点だったのが、私(の家)が犬を飼っていなかったことです。

というか、私が大の猫好きで、犬なんか!みたいな感じだったことです。(笑)

 

 

学生時代に犬(雑種)を飼っていたことはあるのですが、

あの飼い主にすり寄ってくる感じがあまり好きではなく、

散歩は毎日一緒に行きましたが、

犬大好き!ってとこまでは行けませんでした。。

 

 

それに時折、大きな音に反応して吠えたり(雷や花火)、

散歩中に頑なに違う方向に行こうとしたり。。

その時に私の友人が開発した

体罰を一切与えずに犬をしつけることが可能な

しつけ教材が売っていたら買ったかもしれません。。

 

 

本のように、文章だけでなく、動画でもしつけ方を

確認できるので、非常に分かりやすいのです。

現在、犬のしつけでお悩みの方、ご興味のある方は

こちらをクリックしてみてください。

詳しい内容を見ることができます。

 

 

その友人はこのしつけ教材を作り上げる為に

1年半をかけて準備していました。

 

 

その苦労を見ていたので、非常に感慨深いものがあります。

その友人(というよりは姉さん的な存在)は

静岡県でしつけ施設兼ペットホテルを経営しており、

アメリカの学校でその技術を学び、

優秀生徒として、同校でそのまま教師として

教えていた実績のある方です。

 

 

ネットの教材は不安で。。という方も

いるかと思いますが、

普段からチャット上で仕事の悩み

(経営者とトレーナーの狭間での葛藤)を

聞いていた身としては、

 

 

”しほ先生”は信頼できる方です!

お近くならば、実際に静岡にある

ワンコ・ワークスの【おうちホテル】に行ってみて下さい!

静岡県袋井市村松2463 ← 住所です。

現在、犬のしつけでお悩みの方、ご興味のある方は

こちらをクリックしてみてください。

 

 

失礼しました。

だいぶ話がそれてしまいました。。

ちょうどいい機会だったので、

ご紹介させて頂きたかったのです。

 

 

 

それでは話を戻します。

当然のごとく、女性は家でも犬を飼っており、

自身がトリマーということもあって、

犬に対してのおしゃれも完璧でした!(笑)

 

 

また、ウィンタースポーツ、特にスノボに

ハマっていたようで、

職場の後輩に教えられるほどの腕前ということもあり、

LINEのやり取りをしている間も

職場の後輩と何回か滑りに行っていたようでした。

 

 

そこで少し引いてしまったのかもしれません。

(ウィンタースポーツはほとんどやらずに過ごしてきました。。)

その後は、年末年始が絡んだということもあり、

あまり積極的に誘えずにいたところ、

別の男性が超積極的に誘っていたようで。。

 

 

その女性が真面目だった(その方がいい!)こともあり

二人の男性と対等にやり取りできないということで

私は落選してしまいました。。

 

 

もう少し積極的に言っていたらと思うと

悔やまれるところですが、

こればっかりは仕方がありません。

 

 

 

今回の教訓

 

最後に今回の教訓ですが、

”何事も積極的に行ったほうが得る物は大きい”

ということです。

 

 

当然、傷つく可能性も上がる訳ですが、

周りもみんな必死なので、

気にする必要はないということですね。

 

 

もっと大きなことを言ってしまうと、

人生全てにおいて、積極的な方がいいと思います!

もちろん、情報の選別をしないと

取り返しがつかなくなる可能性があるので、

注意は必要なのですが。。

 

 

まあ、人生で常に積極的でいることは疲れてしまうので、

せめてそういった出会いの場だけは

積極的に行った方がいいかと思います!